エッチな雑学

日本人最初のセックスは○○!?初めての経験で参考にしたものとは

【エッチな雑学クイズ】日本人初のセックス体位は?

知っていても何の役にも立たないエロにまつわる無駄な知識を取り上げる連載「つい誰かに教えたくなるエッチな雑学タイム」へようこそ。第2回は、日本人初となるセックスに関する雑学をクイズ形式でお送りします。この国はどのようにして始まったのでしょうか。

人類の繁栄とセックス

人類の繁栄はセックスなしで語ることはできません。

現代の医療技術では不妊治療の一種である体外受精によってセックスなしでも妊娠することはできますが、初めての体外受精は1978年とつい最近の話。

それまでは放卵で子どもを産む魚や両生類などと違い、人間は体内受精、つまりセックスという方法でしか新たな生命を誕生させることができませんでした。

では、日本で最初のセックスは誰と誰が、どのようにして行ったのでしょうか。

エッチな雑学クイズ問題

【日本人初のセックスでの体位は?】

A.正常位

B.騎乗位

C.後背位

答えは、記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

日本のはじまり

古来、日本人は性を楽しんでいました。その内容は歴史の教科書に出てくる書物にも記されています。しかし、そんなこと学校では教えてくれません。間違っても先生の口からは発せられることのない、日本人最初のセックスについて学んでいきましょう。

日本最古の書物

712年に完成し、日本最古の書物として知られている『古事記』。

天地開闢 (日本神話)から推古天皇について記されており、歴史書として欠かせません。また、「日本で最初のセックス」がどのようにして始まったのかという記述もあります。

日本史における重大な場面でありながら、この部分が教科書に採用された例はないのだとか。ほとんどの人が知り得なかった歴史の一部分にタイムスリップしましょう。

イザナギとイザナミ

日本最古の書物『古事記』によると、日本人で初めてセックスした男女はイザナギという男神とイザナミという女神であり、日本で最初の「男と女」です。

ここで二人は「国を作る」という前代未聞の事業に取り掛かります。

しかし、どのようにして良いのか分かりません。そこでイザナギが思いついたのが「お互いの身体の余った所と足りない所を合わせてしまおう」というアイデアでした。

なんとも突拍子のない提案ですが、イザナミは「ええ、結構ですわ」と明るく返事をします。そんなロマンチックの欠片もない会話で日本という国が始まりました。

セックスは鳥から学んだ

ではこのとき、二人はどんな体位で関係を持ったのでしょうか。

当然ながら、イザナギとイザナミにはセックスの心得があるどころか、概念すらない状況です。どのようにして交われば良いのか分からず困り果てていたようです。

そんな二人の近くにセキセイインコが2匹飛んできて、交尾を始めたといいます。小鳥の交尾は後背位であることから、二人も見よう見まねで結ばれましたとさ。

エッチな雑学クイズ問題解答

答えは「C.後背位」でした!

まとめ

驚くことに、日本の神様は鳥からセックスを学んだことになります。

そして、日本初のセックスでの体位は正常位や騎乗位といった初エッチでおすすめされるオーソドックスのものではなく、少し難易度が高くなる立ちバック!!

いろいろな体位を試しながら、セックスライフを楽しみましょう。

※提供している雑学には諸説ある場合があります。ご了承ください。

-エッチな雑学
-,

Copyright© 素人ハメ撮り大学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.